写真と社会 - メディアのポリティーク

ジゼル・フロイント (著), 佐復 秀樹 (翻訳)

型番:boys001

 

著者:  ジゼル・フロイント (著), 佐復 秀樹 (翻訳)
出版社:  御茶の水書房 1986年刊 第1版第1刷
286頁 , 図版多数 , オールモノクロ , 15.6×21.5cm
ハードカバー , 日本語
コンディション:  VG/VG
  ※ジャケット全体にスレあり。本体、天と地に経年汚れが薄っすらとあり。
一回ポッキリの <生の現実> を切り取り、いかようにも調理してみせる写真技術の歴史を振り返り、ベンヤミンが 「アウラの喪失」 と嘆いてみせた、その同じ方向を向いて批判的に考察した一冊。
  写真が <現実の証> であって、かつ <表現媒体> でもあるという、この <ややこしい性質> ゆえに、その隙間から政治的力の介入を許し、 <本当の現実> との出会いの妨げとなり得るとする、いわゆるメディア論。自らも写真家でユダヤ人的明晰さでもって、政治的なるものの介入を丹念にあぶり出した好感のもてる一冊です。図版も豊富です。