IDENTITES: DE DISDERI AU PHOTOMATON アイデンティティ

Michel Frizot, etc (著)

型番:bopi008

 

出版社: Centre national de la photographie 1985年刊

141頁 , 図版多数 , 内一部カラー , 28.1×26cm

ソフトカバー , フランス語

コンディション: VG

※表裏表紙全体に少しのスレと、四隅に少しのぶつけ跡あり。
天と小口と地に少しのヤケと、前後遊び紙の上下部に中程度のテープの糊跡(汚れ防止書店カバーの止めセロテープ周囲の滲み糊)あり。
それ以外のページ内のコンディションは良好です。

1985年から1986年にかけてフランス国立写真センター主催でパリのパレ・ド・トーキョーで行われた展覧会に合わせ刊行されたPHOTO COPIESシリーズの一冊。
『IDENTITES アイデンティティ』のタイトル通り、自他ともに<個>の有り様を強力にサポートしてくれるメディアとしての写真に着目し、その黎明期から現代にいたるまでを俯瞰してみせてくれます。
庶民がこぞって求めた通称「カルト・ド・ヴィジット」の名刺判肖像写真に始まり、否応なしに撮りこまれたエキゾチズム満点の未開の地の住人に、ナチスをはじめ西ヨーロッパの偏見の科学的根拠を担わされた写真などなど、その守備範囲は多岐にわたります。
なかでも、19世紀パリ警察庁の職員アルフォンス・ベルティヨンによる人体測定法に基づく犯罪者の計測写真が多数収録されているのがミソの、オトグスおすすめの一冊です。

More image